忍者ブログ

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

[01/20 ホモいろ連合7しか@]
[01/17 ホモいろ連合7ひかさ]
[05/02 ひかさ@経済学部2回生]
[04/17 しか@医学部4回生]
[04/17 莉希@法学部2回生]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
しか@
性別:
女性

バーコード

ブログ内検索

P R

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小松田受け①-2


新人研修でむしゃくしゃしてる舞生です^p^
2連続すんませんwwww
前の小説(これ)の続きうpします←
まだ完結してません^p^
まぁこの前の続きなんで「裏」ですよね^p^
でもまだ途中ですのでそんなに…期待しないでね^p^
本当にガチ裏書いていいのか悩んで、変に回りくどく書いてたら利吉さんがただの変態になったお^p^

おkな方のみ下リンクよりどうぞ^p^





「君は何も心配しなくていい」
私がそう言うと彼は伏し目がちに視線を泳がせた。
「利吉さん…僕、どうしたらいいですか…?」
そして消えそうな声でそう言うと、床に着いていた手を浮かせ私の胸元に添えた。
「それって…わざとならたちが悪いけど、無意識ならもっとたちが悪いな」
男も女もまだ知らない(であろう)彼のことだ。
そういった男を誘うような仕草もきっと彼の場合は無意識なのだろう。
私の発した言葉の意味がわからないのか、小松田君はきょとんとした顔で私を見つめている。
そんな彼の反応を笑顔でかわし、私は再び彼と唇を重ねる。
少し肩を震わせはしたものの彼に先程のような緊張感はなく、私の口吸いに素直に応じる。
「っ……ふ…ぁ…」
甲高い水音と小松田君の苦しげな息と遣いが狭い室内に響く。
呼吸のために薄く開かれた唇を舌先で押し割ってやる。
慣れない感覚に小松田君は身体を強張らせる。
私は相手の強張りを解くように優しく頬を撫でてやった。
「ん…っ……は…ぁ…」
撫でられる感触が心地よいのか、彼は私にすり寄ってきた。
「口吸いは…初めて?」
唇をほんの少しだけ離し、近距離でそう尋ねると彼は顔を真っ赤にしてこくりと頷いた。
齢十六の男とは思えない答えであった。
そんな私の思惑を読み取った彼は赤い顔をさらに赤くして私を睨みつけた。
「利吉さん…今…『そんなこともしたことないのか』って目でぇ…」
「ち、違う」
まぁ、正直そうも思ったが。
白々しさを隠すように言葉を続ける。
「君の初めてを頂けるなんて、光栄だなって思っただけさ」
「うぅ…」
自分でも解るくらい、とびきり気障な笑みでそう言ってやる。
しかしそんな私の表情も彼にとっては、幸いに嫌味なものにはならなかったようだ。
照れた表情で赤い顔を伏した。
「じゃあ、続きをしようか…」
耳元に口を寄せそう呟くと、彼は敏感に肩を震わせた。
私は小松田君の後ろに回り腰を下ろした。
不安げに私を振り返る小松田君に前を向いているように促すと、彼は素直に従った。
女のようにぺたんと床に座る姿がなんとも可愛らしい。
普段は後頭部で一つに束ねている髪は今はそのまま下ろされている。
その柔らかな髪を指先で分け、露わにさせた首筋は思いの他白かった。
私はその白い肌に唇を寄せた。
「んぅ…っ」
くすぐったそうに身をよじる彼を後ろから抱き寄せ、逃がさないようにする。
「っ…あ…」
わざときつく吸ってやれば小松田君の声が上擦る。
吸ってやった位置に赤い華が咲いたのを目視した私は、今度はそこを舌先で優しくなぞった。
「やぁ…っ…くすぐった…いですぅ…」
ふるふると身体を震わせながら途切れ途切れに言葉を紡ぐ。
予想外に艶やかな彼の姿に、私の劣情は煽られてゆく。
力が入らないのか、軽く開かれた腿を誘われるがままに撫でてやる。
なめらかな素肌の感触を楽しむように掌全体を這わせる。
「ひあっ…!」
途端、女のような甲高い声が上がる。
「しぃっ、あまり大きな声を出すと人が来てしまう」
意地悪く私がそう言うと、小松田君ははっとして口を結んだ。
「忍たる者、何が起きても取り乱してはいけないよ?」
優しく諭すようにそう言いながらも私の手は彼の中心へと近づく。
そんな気配を微塵も感じてはいない彼は、声を抑えることに必死なようだ。
私は素知らぬ振りをして彼の中心へと手を滑らせる。
「ひゃあっ!」
一瞬上がった悲鳴にも似た声には、発した本人が一番驚いたようだ。
自らの掌を口に押し当て、肩で浅い呼吸を繰り返している。
「どうしたんだい?」
優しく、触れるか触れないかの感覚で指先を流しながらそう尋ねると彼は濡れた瞳を私に向けた。
「やぁ…そこ…触らないで、くださっ…」
「嫌々ばかりを言っていては、いい忍者にはなれないよ?小松田君」
「んっ…!」
私の台詞の中の“いい忍者”という言葉に過剰に反応する。
そんな隙をついて私は指先に力を入れた。



next…


ふぅ^p^←
まったり更新ですんません^p^
誰も期待してねーよって…解ってるんだからね!!←
爽やかな文章書けなくてすんませんwww
じゃぁの!


PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

(^∀^)

Posted by 阿井  2010/04/03(Sat) 07:56:40 EDIT

キタ--^^!!小松田くんかわいいぃぃいぉお^p^いい忍になるにはもっとgちゃgちゃにならな駄目なんだぞ!!

ごちそうさまです^p^

ぷまい^p^

Posted by ひかさ  2010/04/03(Sat) 12:01:20 EDIT

利吉さんが変態だwwwうぇっwww
小松田さんが従順すぎてかわいすぎるwwwもっと利吉さんに虐められるべきwww←
この続きが実に楽しみですハァハァハァハァ
私もこんなエロスな18禁が書きたいお^p^

無題

Posted by しか@  2010/04/04(Sun) 17:45:56 EDIT

ごちそうさまです(^○^)

利吉さんが変態ですwww
小松田君が可愛いですwww
続きが楽しみですwww

変態最高!

無題

Posted by かぶ  2010/04/04(Sun) 22:28:50 EDIT

^p^
ごち!!
まだまだgチャgちゃしてくれるんですよね!!^p^

Comment Form